税理士なら申告は完璧!節税ノウハウもいろいろ教えてもらえる!


間違いのない申告書類の作成

会社から給料をもらっている人は、所得税の申告が不要です。それは、会社がすべて行っているからです。給料を支払うたびに源泉徴収をして納税し、年末調整で1年の納税を完了します。必要な書類も会社が提出してくれています。それ以外の税金は、基本的には自分で申告しないといけません。税務署で必要な書類に記載をし、必要な添付書類などを添えます。きちんと作成できればよいですが、法人税などは申告書の作成がややこしく、素人だと作成できないかもしれません。税理士は、税務申告書の作成のプロです。所得税や法人税の他、いろいろな税務申告の書類を作成してくれます。間違いがあると何度も提出のし直しが必要ですが、一発で通る書類を作成してもらえます。

節税のためのノウハウを教えてもらえる

所得などがあると所得税を支払う必要があります。所得税の計算では、収入金額から経費などを控除し、さらに所得控除を控除して税率をかけます。計算された税金からさらに税額控除を引いて、算出された税金額を支払います。収入金額や経費、所得控除や税額控除にはいろいろありますが、知らなければ申告できません。収入から引けるものがあるのに引かずに申告をするケースもあります。税理士に依頼すると、節税のためのノウハウを教えてもらえます。収入はあまり変化できませんが、経費に算入できるものを多くする方法、所得控除を多くする方法などを教えてもらえます。申告時に急にできない準備もあるので、事前にしておけば申告時に資料を用意できます。

税理なら岡山!相続対策や法人税など、個人でも法人でも、依頼ができます。税理士が親身になって相談に応じます。