介護のお仕事を選ぶなら転職にダンゼン有利!


介護福祉士を取ろう!

介護のお仕事には必須とも言える資格。その種類は様々ですその中でも介護福祉士は経験や知識豊富な頼れる存在。介護福祉士を持っているとほとんどの施設の求人応募でオッケーをもらえる可能性の高い資格です。何しろ現場は本当に人手不足が深刻!現場としては即戦力となる介護福祉士なら喉から手が出るほど欲しい人材なのです。そんな介護福祉士ですが、現在では受験のための必須条件があります。実務者研修がそれにあたります。受験するための資格と考えていいでしょう。「さあ、介護福祉士を受けるために実務者研修を取ろう!」と思い立っても、この資格、ぽいっと短期で取れるものではありません。専門の学校で学ぶ必要があるのです。その期間はというと、なんと6カ月!「え~?」と思うかも知れませんが、介護の現場は多種多様。生活のお手伝いはもちろん、精神的なケア、簡単な傷病の処置、ご利用者の緊急対応などなど本当に様々なことに臨機応変に対応する知識が必要です。

どんなところで実務者研修を受けられる?

自分のペースで勉強できるところがほとんどですので、在職中の方でもスクーリングの日程が取れるのであれば取り掛かるのにそれほどハードルが高いものではないでしょう。スクーリングに通うことを考えて、お住いのところから近いところをオススメします。料金も初任者研修を取っていない無資格の人だと約15万~23万円と、決してお安くはない金額が必要になります。スクーリングの日程の都合がどうしてもつかない時のための振り替え受講ができるところとそうでないところもあります。「実務者研修」でインターネットで調べるといくつかヒットするので、まずは資料を請求してご自分に合ったスクールを検討してください。

実務者研修は、職業上のトラブルをスムーズに解決するうえで大きなメリットがあり、多くの関係者から支持が集まっています。