親が知っておきたい、不登校の原因や対処法


気になる不登校の原因とは?

不登校の原因と聞くと、いじめを思い浮かべる方も多いかも知れません。でもそれ以外にも成績不振、今まで頑張っていた勉強や部活への虚無感、成績のいい兄弟への劣等感や家族の不和など、様々な原因があります。それが複雑に絡み合っていて一概にどれが原因、と言えないことも少なくありません。

不登校の子どもに対する、NG対処2選

不登校の子どもに対して、まず避けたいのが、なぜ?どうして?と質問攻めにすること。子ども自身も自分が学校に行けない原因を分かっていない場合もあり、余計に混乱させてしまうことが多いからです。責められていると感じた子どもが親に心を閉ざしてしまったら、教室復帰への道のりは遠くなってしまいます。たとえば登校の支度中に腹痛を訴え始めたら、楽に過ごせる場所に移動したうえで、今どんな気持ちか、どんなことを考えているか尋ねるなど子どもの気持ちに焦点を当て、子ども自身が自分の内面に気付けるよう促していくのがよいでしょう。

また「学校に行かなくて将来どうするの?」など、学校へ行かないことのデメリットを説明するのも避けましょう。特に不登校の初期でしてしまうと、「分かってるよ!」などと子どもの反発を招きやすくなってしまいます。

抱え込まないのが1番

親とて人間です。悩みを抱える子どもに1人で関わっていたら共倒れになりかねません。専門家の力を上手に借りてみましょう。

まず学校。担任だけでなく養護教諭やスクールカウンセラーにも相談を持ち掛けるのがおすすめです。親自身の気持ちの整理にも役立ちますし、家庭での子どもの関わり方に関してヒントももらえます。

そのほか地域の児童相談所、地域の不登校児童生徒を受け入れているフリースクールなどからも助言が得られます。

不登校の支援の内容について知りたいことがあれば、各地のフリースクールなどの取り組みに注目をすることが良いといえます。