やってみよう!漫画イラストの上達練習方法!


自分の得意なところ、苦手なところを認識しよう!

どうして自分はイラストが下手なんだろう。そう落ち込んでしまう方はたくさんいるのではないでしょうか。まずは1枚イラストを描いて、得意なところ苦手なところをピンポイントで最低2つ見つけて文字に書き起こしてみましょう。

例えば人物ならば、良い点に「目が綺麗」、「髪の毛のウェーブが上手く描けた」苦手な点に「手の形が変」「首の付き方がおかしい」などです。

「全体的に下手」や「なんだか変」などぼやっとしたものではなく、どの点でも良いので明確に書きましょう。

得意なところはこれから伸ばすところ、苦手なところはこれから克服する点です。

千里の道は歩いて行こう!

苦手なところが見えてきたところで、一番克服したい点から順番に数字を振ってください。この順番で一つ一つしっかりと克服していきましょう。

全部を一気にやってしまおうとするとどれも中途半端になりがちですので一極集中し、苦手なところを一つ一つ潰してゆくのです。一気に克服するのは千里の道を走るようなものです。バテてしまって途中で放り出しては何の意味もありません。一歩一歩着実に歩みを進めましょう。

何でも良いから模写してみよう!

好きな絵や写真を模写するのも良い方法です。このとき、ただ単に模写するのではなく、苦手なところに意識を集中して模写してください。お手本があると上達も早くなります。

イラスト指南サイトを利用しよう!

ネット上には人体構造や、色付けの指南など、たくさんの有益な情報を乗せたサイトがたくさんあります。情報がたくさんありすぎて分らない、という方も、苦手な分野、もしくは伸ばしたい分野だけに絞ると必要とする情報が限定され、利用しやすくなります。

イラストの講座を継続して受講することで、将来的にイラストレーターなどの専門職を目指すうえで役立ちます。