知っていますか!?高認資格は誰でも受験できます


学校に通わなくても高認資格が取れる

高認資格を知っていますか?正式には、高等学校卒業程度認定試験といいます。以前は、大検とも呼ばれていました。

文字通り、高校を卒業したのと同じくらいの能力があることを認定しますよ、という資格なんです。この試験に合格すれば、実際には高校に通わなくても、高校を卒業した場合と同一にみなされます。そのため、たとえば、最終学歴が高卒以上が条件の大学入試や国家試験であったり、あるいは採用試験なども受験することができるんです。

高認資格試験は年に2回実施

高認試験は、8月と11月の2回実施されます。何度でも受験することができますし、科目ごとに合格が認められています。一度合格すれば、その科目はもう受験する必要はありません。ゆっくりじっくり受験するもよし、1回で必要な科目をすべて合格することもできます。全く高校に通っていない場合には、全部で8科目以上受験する必要がありますが、途中まで高校に通っていたり、英検などの資格を持っている場合には、受験が免除される科目もあります。

受験年齢に上限はない

高認資格は、高校に在学中でも受験することができます。中学卒業後であれば、だれでも受験でき、年齢に上限はありませんから、「受験したい!」と思えば、だれでも受験することができるんです。対策のためには、書籍で勉強をしたり、通信教育やスクールなどに通うこともできます。例えば、苦手な科目だけ通信教育を受けて質問なども利用し、得意な科目・好きな科目が独学で勉強する、なんていうハイブリットスタイルもいいですね。

高校卒業資格について関心があるなら、選択肢が豊富ですから情報収集を積極的に行いましょう。転入生を受け入れている高校もありますし、定時制や通信制も見受けられますので、希望に応じて選択できます。