投資を始めるなら非課税投資!20%の税金がかからない!


株式投資を始めて気づく税金の大きさ

通常株式投資で得られた利益には20%の税金がかかります。売却益が10万円あっても、実際に手に入るのは8万円だけなのです。税金を納めることは義務ですので、必ず納める必要があります。税金は義務ですが初心者のために120万円以下までの株式取引であれば、税金がかからない非課税口座があります。それがNISAです。

NISAは簡単に始められる非課税投資

証券会社にNISAの口座を作るだけで、非課税の投資を始めることができます。1人1口座だけの口座になりますので120万円以上の取引はできませんが、初心者には十分な金額でしょう。書類さえそろえば、取引はすぐに開始できます。非課税口座内での取引には税金がかかりませんので、10万円の売却益がそのまま手に入るのです。大きな取引はできないにしても、このような積み重ねが資金を増やすことにつながります。投資はいかに損を減らし、利益を得るかが重要になります。税金は決して減らない損なので、それがないことは投資家にとってはそれだけで優位なのです。

NISAを使って投資を学ぶ機会にする

初心者が投資を始めるときに壁になるのが、損をするかもしれないという意識です。NISAであれば非課税なので、利益が税金に取られるということがありません。そのため、利益が確保しやすいのです。このような口座を利用している間に、株式投資のノウハウを学ぶことができるのは初心者投資家にとっては重要なことです。NISAを使って小さな取引をして、株式について学びましょう。実践で学ぶ方が座学で学ぶことの何倍も身になります。

ファンドの会社とは機関投資家などから集めた資金を運用する投資のプロたちが集まる会社です。売却益を得ることが目標です。